福原の早朝ソープにはどんなお店があるのか?

日本でも特に規模の大きいソープ街の一つである、神戸福原ソープ街。
ここには60店舗近くの店が軒を連ね、日々様々な男性客を相手に営業を続けています。
ソープランドというと、夜の遊び場というような感じで午後の深い時間がピークとされていますが、ソープランドでは法律で「開店は日の出の時間から、閉店は24時まで」となっていますから、日付が変わるころにには営業終了をしなくてはなりません。
そのため、福原のどの店でも24時以降に営業をしている店は無いのですが、逆に開店時間については店ごとにバラバラです。
福原のソープ街では、日の出からやっている所とある程度朝も時間が経ってから開店するところがあります。
夜の仕事なんかをしている人にとっては、早朝ソープというのはわりと有り難い存在になるのではないでしょうか。
その理由として、早朝ソープというのは客が少ないせいか割引なども多く、お得な価格で遊びやすいのです。
福原で早朝日の出から営業を行っているお店は結構多く、その数およそ12店舗もあります。
どの店も早朝価格なだけあって非常に安く、2万円以下のお店が殆どです。

shopimage

1万円前後で遊べるお店というと『ビギナーズ』『ホールインワン』『E-girls』『ハートダンス』『エピソード』『Wink』といったお店があります。
どのお店も、日の出からの数時間は40分~50分1万円~1万5000円程度で楽しめる価格設定となっています。
『B-2nd』では、花びら2回転コースなども割引の対象となっていて、60分2万2000円ほどで楽しむことが出来るようになっていますし、『M-Dolls PREMIUM』では通常60分2万5000円が5000円オフとなり、これら以外にも1万5000円以上のお店になると、今度は時間が70分前後になっていて価格の割に長時間遊ぶことが出来るようになります。
これらの割引サービスは基本的にお店がやっているものになりますが、お店以外でも風俗情報サイトなどのイベントクーポンにも同様のものやさらにもう少しだけ安くなるような割引があるようですので、そういった物を利用すればもっとお得に遊ぶことが出来るでしょう。
早朝から福原を満喫したいというのであれば、こういったお店を選ぶと良いでしょう。
その他のお店が営業を開始するのは、8時~9時頃となっていてそういったお店も午前中のみの割引とかを行っていることがあります。
朝の冷たくも爽やかな空気を吸い込みながら、福原の街でちょっと遊んでいくというのも楽しいものです。

福原で評判のおすすめ格安ソープ5つ

ソープランドの一般的なイメージといえば「安い=悪い」というもので、安いお店はそれなりの遊びしか出来ないと思われていることが多いです。
しかし、近年のソープランド業界全体での傾向が低価格化になってきているため、必ずしもそうとは言い切れなくなっており、福原ソープ街のような大規模ソープ街では、安くても良いサービスを提供するお店は少なくありません。
今回は、福原で安くて良いサービスを提供すると評判のおすすめ店を取り上げてみましょう。

◆ 絶対に行きたい福原珠玉の格安店5つ

1.ビギナーズ神戸

福原の格安店といえばまず名前が挙がるのが、福原随一の高コスパと言われる『ビギナーズ神戸』です。
6時から先着30名限定の早朝割であれば、45分11,000円で遊べるという安さに加え、在籍しているのは素人系ながらもレベルの高い若い女性が中心です。
素人系ということでスタンダードな王道ソープの妙技を味わうというのには向いていませんが、昨今流行の恋人系接客というのがたっぷり楽しめます。
初めてソープに行くという方にも最適なお店です。

2.社長秘書

今年14周年を迎える秘書系コスプレソープ。
こちらも7時からの先着20名限定の早朝割を使うと、45分12,000円で遊べる安さが魅力です。
コスプレソープということで女性の衣装はスーツが基本で、それが似合うスレンダーな大人の女性が数多く在籍しています。
プレイもコスプレに合わせたイメージプレイが可能となっていますので、普通の遊びに飽きた方向けです。

3.ていくぷらいど.学園

老舗の学園系コスプレソープで、福原のコスプレソープで最も数の多い学園系で一番人気と言われるお店です。
サービスタイムで45分14,000円、レギュラー料金でも16,000円と安く、人気店ながら遊びやすい価格設定です。
在籍嬢は、若く見える女性が中心となっていて、制服が似合う女性を選別しているのが窺えます。
ソープランドではやや珍しいオプション制で、別途1,000~3,000円でプレイの幅を広げることが出来るのが特徴でしょう。

4.プラウド

福原には色々なソープランドがありますが、オーソドックスながら様々なタイプの女性を揃えているのが、このお店です。
20代前半~後半で揃えており、可愛い系、ギャル系、お姉さま系などなど、どんな男性の好みにも合わせられるようなキャストの豊富さが特徴です。
40分15,000円、60分23,000円と他のお店に比べて値段こそ少し高く、割引などもあまりやっていないので高めの印象を受けますが、その価格に見合うプレイをしてくれます。

5.KOBE 3040

風俗業界では人妻とか熟女と呼ばれる30代40代の円熟した艶やかさを持つ女性が在籍するお店で、人妻店としての評価が高いお店です。
ショートの45分15,000円は他と同じですが、60分で19,000円~とロングコースになると他よりも割安感が出る価格設定が特徴です。
若々しさは無くとも人妻や熟女のテクニックをたっぷり楽しめるので、ロングでじっくり濃密なプレイを楽しむのがおすすめです。

格安店でもしっかり楽しめるのが福原で、もちろん高級店であればさらに素晴らしいサービスも期待出来ます。
まずはこれらの格安店から遊んでみて、福原の良さを体感してみましょう。

昔に比べて大人しくなったソープランドの客引き

ちょっと昔はソープ街を歩いていると客引きというのがそこかしこにいて、道を歩いているだけなのに次々と声をかけられたもので、それを鬱陶しいと思う反面それも一つのソープ遊びの醍醐味だったりしたものです。
しかし、最近ではそういったこともなくなり、ソープ街も歩きやすくなっていて、予約をしないでのんびり遊ぶお店を決めたい時などもゆっくり探せるようになっているのですが、これには昔と今で色々と変化があるからです。
今回は、そんなソープランドの客引きについて取り上げてみましょう。

◆ 客引きが大人しくなった2つの制度

最近、ソープランドに限らず繁華街においても鬱陶しいぐらいいた客引きがいなくなったと思いませんか?
これには2つの制度が絡んでいて、これによって昔のような強引な客引きをすることが出来なくなったのです。
その2つの制度というのが、風俗営業法と迷惑防止条例の2つです。

風営法では、第22条によって客引き行為の禁止が明記されており、第52条においてその罰則が定められています。
迷惑防止条例でも同様に客引き行為についての禁止事項が明記されていて、違反者への罰則も定められています。
東京都であれば第7条がそれにあたります。
しかし、迷惑防止条例については条例であるため都道府県によってその細部が違っていますが、47都道府県でほぼ共通して客引き行為に対する禁止が定められています。

◆ これらの制度によって変わった客引きの方法

こうした制度が成立して罰則も設けられたことによって、今までの客引きと今の客引きは大きく変わりました。
昔のソープランドの客引きは、お店の前の道路に店員が出て、前を通る通行人にまとわりついたり、中には腕を掴んで強引にお店へ引き込もうとすることもありました。
しかし、現在のソープランドの客引きは、店員がお店の敷地外に出ることはなく、敷地内から通行人に声をかけるというものになっています。

これは、風営法の「当該営業に関し客引きをするため、道路その他公共の場所で人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと」、東京の迷惑防止条例であれば「人の身体又は衣服をとらえ、所持品を取りあげ、進路に立ちふさがり、身辺につきまとう等執ように客引きをすること」といった条項があり、敷地内からの声かけであれば、上記の条文に触れることが無いからです。

◆ ルールを守らない客引きをするのは悪質店

明確に客引き行為が禁止された現在、まともなソープランドは強引な客引きを止めて、ルールに従った客引き行為をしています。
逆に、今でも昔のような客引きをしているお店は、疑いも無い悪質店ということになります。
そういった客引きについて行っても満足出来るサービスを提供してくれるわけがありませんから、満足出来るソープ遊びをしたいなら路上の客引きには絶対ついていかないことです。

お店側としては、こうした客引きの禁止は痛手かもしれませんが、利用客からすれば嬉しいものです。
ソープ街の散策というのもしやすくなっていますから、ぜひそういった遊び方を試してみたりして、ソープ街を楽しんでみてはいかがでしょうか。