福原の早朝ソープにはどんなお店があるのか?

日本でも特に規模の大きいソープ街の一つである、神戸福原ソープ街。
ここには60店舗近くの店が軒を連ね、日々様々な男性客を相手に営業を続けています。
ソープランドというと、夜の遊び場というような感じで午後の深い時間がピークとされていますが、ソープランドでは法律で「開店は日の出の時間から、閉店は24時まで」となっていますから、日付が変わるころにには営業終了をしなくてはなりません。
そのため、福原のどの店でも24時以降に営業をしている店は無いのですが、逆に開店時間については店ごとにバラバラです。
福原のソープ街では、日の出からやっている所とある程度朝も時間が経ってから開店するところがあります。
夜の仕事なんかをしている人にとっては、早朝ソープというのはわりと有り難い存在になるのではないでしょうか。
その理由として、早朝ソープというのは客が少ないせいか割引なども多く、お得な価格で遊びやすいのです。
福原で早朝日の出から営業を行っているお店は結構多く、その数およそ12店舗もあります。
どの店も早朝価格なだけあって非常に安く、2万円以下のお店が殆どです。

shopimage

1万円前後で遊べるお店というと『ビギナーズ』『ホールインワン』『E-girls』『ハートダンス』『エピソード』『Wink』といったお店があります。
どのお店も、日の出からの数時間は40分~50分1万円~1万5000円程度で楽しめる価格設定となっています。
『B-2nd』では、花びら2回転コースなども割引の対象となっていて、60分2万2000円ほどで楽しむことが出来るようになっていますし、『M-Dolls PREMIUM』では通常60分2万5000円が5000円オフとなり、これら以外にも1万5000円以上のお店になると、今度は時間が70分前後になっていて価格の割に長時間遊ぶことが出来るようになります。
これらの割引サービスは基本的にお店がやっているものになりますが、お店以外でも風俗情報サイトなどのイベントクーポンにも同様のものやさらにもう少しだけ安くなるような割引があるようですので、そういった物を利用すればもっとお得に遊ぶことが出来るでしょう。
早朝から福原を満喫したいというのであれば、こういったお店を選ぶと良いでしょう。
その他のお店が営業を開始するのは、8時~9時頃となっていてそういったお店も午前中のみの割引とかを行っていることがあります。
朝の冷たくも爽やかな空気を吸い込みながら、福原の街でちょっと遊んでいくというのも楽しいものです。

ソープでのプレイ中に男性が喘ぎ声を出すことの是非

人間、色々なシーンでつい声が出てしまうことがあります。
例えば1日仕事で疲れて帰宅して、お風呂に入って湯船に浸かったときについ「あ~」なんて声が出てしまうとか、家具に肘や足をぶつけたりすると「痛っ!」なんて出たり。
ソープランドで遊んでいるときでも、プレイ中に声を上げてしまう男性諸氏は多いはずですが、中には我慢して声を出さないという方もいます。
色々と賛否両論あるこの男性の喘ぎ声について、取り上げてみたいと思います。

◆ 男性側の考えでは声を出さない方が多数派

ソープでのプレイ中に出る男性の喘ぎ声について、男性側の意見を見てみると比較的声を出さない派が多いように見えます。
ネット上でもこの議論はあるのですが、そういった所でも「声を出すのは恥ずかしい」とか「男が喘ぎ声出すのはキモい」とか、否定的な意見がかなり目に付きます。
もちろん「大いに声を出す」という人もそれなりにいるのですが、割合的にはそれほど多くは見えません。

ソープランドという場所ですから、むしろ欲望開放で全力で喘いでいる人が大いのかと思いきや、意外にも喘ぎ声を出すのは少数派でした。
しかしながら、喘ぎ声まではいかなくても場を盛り上げるために「気持ちいい」とか口に出す方は結構大いようです。

◆ 男性の喘ぎ声についてソープ嬢はどう考えている?

男性側からすれば、前述の通り「恥ずかしい」とか「男が喘ぎ声を出すのはキモい」とか色々とあるわけですが、肝心のソープ嬢からはどう思われているのでしょうか。
男性が考えるように否定的な考えが多いのかと思いきや、ソープ嬢からすると「感じて声を出してくれる方が嬉しいし、ちゃんと気持ち良くさせられていることが実感出来る」ということで、かなり肯定的にとらえられていることが多いようです。
さすがに過剰に喘ぐのはキモいと思われることもあるようですが、普通に乳首を責められて声が出るとか、咥えられてるときに声が出てしまうのは、むしろ大歓迎とのこと。

逆に声を出さないと本当に気持ち良く出来ているのか、仕事に失敗していないかと不安になってしまったり、シラけてテンションが下がってしまったりするようですし、全くの無反応だと怒りすら覚える嬢も。
また、喘ぎ声を出すにしてもあまりにもわざとらしいと、それはそれで腹が立つようで、寒いとか引くといった声がありますので、声を出すのが恥ずかしい人でも無理に声を出すのはやめた方がいいかもしれません。

男性の喘ぎ声ですが、男性側からすれば恥ずかしいかもしれませんが、場を盛り上げたり嬢のモチベーションのためにも、積極的に声を出していくのが正解のようです。
今までは声を我慢していたという人も、次回の遊びからは恥ずかしがらずに声を出していってみると、嬢のテンションややる気も上がってより良い遊びになるかもしれません。

ソープ嬢が在籍している店を辞める理由

ソープランドを楽しく遊び続けるなら、オキニを作ると良いと言われています。
オキニのソープ嬢を1人でも作っておけば、失敗したくない時に遊びに行くことが出来ますし、オキニがいるとお店のスタッフにも覚えてもらいやすくなるので、色々とメリットがあります。
しかし、そんなオキニを抱えている人の中には、ある日突然オキニが辞めてしまって困惑したことがあるという方もいるでしょう。
ソープ嬢がお店を離れる原因には、どういったものがあるのでしょうか。

ソープ嬢がお店を離れる3つの理由

1.業界からの上がり

ソープ嬢として働く女性の大半は、何らかの目的を持って働いている方で、目標額を決めて貯金をしながら働いている方は少なくありません。
そんな女性は、目標額が貯ればとっととソープ嬢から足を洗って一般の仕事に移るのはよくある話です。

2.稼げない

ソープランドで働く女性は稼ぎたいという目的があって働いているわけですが、必ずしも稼げるとは限りません。
接客やプレイの技術向上、働く時間の変更などをする方もいますが、あっさりお店を辞めて同じ地域の別のお店に移動することもあります。
人によって移籍先を教えてくれるかもしれませんが、大抵は唐突に消えてしまったりするものです。

3.各種トラブル

ソープ嬢がお店を辞める理由でも多いのが、自身にトラブルが発生した場合です。
お店とのトラブルだったりお客さんとのトラブル、あとは家族や友人知人への身バレなど、その種類も色々とありますが、そういったトラブルに見舞われた場合は突然お店を辞めてしまうことが多いです。

◆ 後悔しない遊びを心がけよう

上記で3つの理由を書きましたが、他にもソープ嬢がお店を辞めてしまう理由はいくらでもあります。
オキニが辞めてしまったとしてもちゃんとお別れして縁が切れるのであればそれは良い思い出になるというものですが、ある日突然消えてしまったらなんともやるせない気持ちになってしまいます。

オキニにするということは前提として何度も裏を返しているはずですから、よっぽど嫌われている場合でもなければ辞める前にその旨を伝えてもらえるはずです。
オキニがいると安心してしまい、いつでも会えると思って遊びに行く機会を後に回しがちですが、そうなると唐突な別れになるかもしれません。
そんなことにならないように、日頃から後悔しない遊びを心がけると良いでしょう。

ソープランドの出会いは一過性のものですし、オキニとして贔屓にしている女性だからこそその関係を楽しく終わらせたいもの。
オキニの女性がいて最近ご無沙汰という方は、綺麗にその関係を終わらせられるように遊び方を考えてみましょう。