福原の早朝ソープにはどんなお店があるのか?

日本でも特に規模の大きいソープ街の一つである、神戸福原ソープ街。
ここには60店舗近くの店が軒を連ね、日々様々な男性客を相手に営業を続けています。
ソープランドというと、夜の遊び場というような感じで午後の深い時間がピークとされていますが、ソープランドでは法律で「開店は日の出の時間から、閉店は24時まで」となっていますから、日付が変わるころにには営業終了をしなくてはなりません。
そのため、福原のどの店でも24時以降に営業をしている店は無いのですが、逆に開店時間については店ごとにバラバラです。
福原のソープ街では、日の出からやっている所とある程度朝も時間が経ってから開店するところがあります。
夜の仕事なんかをしている人にとっては、早朝ソープというのはわりと有り難い存在になるのではないでしょうか。
その理由として、早朝ソープというのは客が少ないせいか割引なども多く、お得な価格で遊びやすいのです。
福原で早朝日の出から営業を行っているお店は結構多く、その数およそ12店舗もあります。
どの店も早朝価格なだけあって非常に安く、2万円以下のお店が殆どです。

shopimage

1万円前後で遊べるお店というと『ビギナーズ』『ホールインワン』『E-girls』『ハートダンス』『エピソード』『Wink』といったお店があります。
どのお店も、日の出からの数時間は40分~50分1万円~1万5000円程度で楽しめる価格設定となっています。
『B-2nd』では、花びら2回転コースなども割引の対象となっていて、60分2万2000円ほどで楽しむことが出来るようになっていますし、『M-Dolls PREMIUM』では通常60分2万5000円が5000円オフとなり、これら以外にも1万5000円以上のお店になると、今度は時間が70分前後になっていて価格の割に長時間遊ぶことが出来るようになります。
これらの割引サービスは基本的にお店がやっているものになりますが、お店以外でも風俗情報サイトなどのイベントクーポンにも同様のものやさらにもう少しだけ安くなるような割引があるようですので、そういった物を利用すればもっとお得に遊ぶことが出来るでしょう。
早朝から福原を満喫したいというのであれば、こういったお店を選ぶと良いでしょう。
その他のお店が営業を開始するのは、8時~9時頃となっていてそういったお店も午前中のみの割引とかを行っていることがあります。
朝の冷たくも爽やかな空気を吸い込みながら、福原の街でちょっと遊んでいくというのも楽しいものです。

福原には色々な姉妹店・系列店が営業している

福原には色々なソープランドがありますが、これらの中には系列店とか姉妹店みたいな形で協力関係にあるお店があります。
そのような形で店舗運営することには色々とメリットがあるからなのですが、それとは別に系列店やグループ店というとなんとなく安心してしまう利用者も多いのではないでしょうか。
今回は、福原の系列店・姉妹店について取り上げてみましょう。

◆ 福原にある様々な姉妹店・系列店

・『グッド』と『グッドスマイル』

居間の福原において姉妹店や系列店と言われ、一番最初に思い浮かぶ店と言えば多くの方が思い浮かべるであろう店です。
店名からも一見して姉妹店っぽいとわかる名前となっていて、どちらのお店も在籍しているキャストの源氏名の付け方が独特で、二度見しても名前に見えないレベルでおかしいというのが特徴となっていることからも、同じ系列というのがわかるでしょう。
サービス内容はスタンダードソープで一緒、明確な違いは在籍キャストと料金ぐらいです。
どちらのお店も高級コースと大衆コースに分かれていて、大衆コースは時間・料金共に共通で、高級コースで『グッド』は120分6万円のみ、『グッドスマイル』は60分3万円~100分4万2千円までの3つのコースに分かれています。
高級コースで遊ぶ際と遊びたいキャストがいるかで遊び分けすると良いでしょう。

・『神戸妻』と『別館神戸妻』

見まごうことのない姉妹店というか、本店と支店というのが店名から出ているのがこのお店です。
他のお店のように姉妹店というのではなく、1つのお店を2つに分けたような感じなので、在籍嬢やコース料金などは一緒です。
実質的に2店舗分のプレイルームがあるので、本店の方が満室なら別館に案内することが出来ますし、その逆も出来ます。
利用者側としてもどっちに行っても遊べるので、よっぽどで混雑していなければ待たされることが無いでしょう。

・『神戸ロイヤル』と『マダムロイヤル』

元々1つのお店だったのを、コンセプトやキャストの年齢などで2つに分けたという形の系列店。
前者は若い女性を集めたヤングカジュアルソープ、後者は人妻・熟女系のアダルトカジュアルソープという分かれ方になっています。
どちらもカジュアルソープということでサービス内容は一緒で、料金もコースが一緒なので、純粋にキャストのみの違いです。
若い女性と遊べる or 大人の女性と遊べる、ハッキリと分かれていますので、どっちつかずが無いと言えるのがメリットではないでしょうか。

今回は3つのお店を紹介しましたが、他にも福原にはこのようなお店がいくつもあります。
似たようなお店を運営していることもあれば、全く毛色の違うお店を運営したりるうこともあるので、興味がある方は探してみても良い暇つぶしになるかもしれません。

日本のソープ街でも人気の高い福原で働くソープ嬢の特色とは

日本には全国各地にソープランドがあり、地域によってはソープ街を形成して集中して営業している所が多いです。
そこには数多くの女性がソープ嬢として活躍しているのですが、そのソープ嬢は同じソープ嬢と言っても地域ごとに特色があったりするものです。
福原のソープ嬢についても他の地域とは違う特色があると言われ、その辺りも福原ソープの人気の理由となっています。

福原で働く女性は関西圏の女性が中心

福原ソープ街がある場所は、兵庫県神戸市兵庫区です。
神戸市は人口150万人を抱える大都市であり、関西圏でも大阪市に次いで2位の人口を誇っていて、そんな神戸市の中心に近い立地にあるのが福原ということで、福原では地元神戸の女性以外にも大阪から働きに来ている方も少なくありません。
大阪から神戸というと遠いように思えますが、難波から神戸まで電車でおよそ50分で行けますし大阪にソープランドが無いこともあって、稼ぐために神戸まで来ている方は多いというわけです。
出稼ぎとして関西圏以外から働きにきている女性もいなくはありませんが、その数は全体から見れば少数ですし、福原のソープ嬢は神戸・大阪の方が中心となっていると言って良いでしょう。

関西女性の特徴が福原ソープ嬢の特徴

関西女性のイメージというと、多くの方が抱くのは明るくお喋り好き、お笑いなんかにも厳しく、金銭感覚がしっかりしていて、気が強いながらも情に厚くてちょっとお節介……といったところでしょうか。
あくまでこれはイメージですが、こうした特徴を全てとは言わずとも持っている女性は多く、そんな女性がたくさん働いているのが福原ソープなのです。

そんなイメージを持たれる関西女性ですから、ソープ嬢として働いている女性もお喋り好きで明るく、一緒に居てとても楽しい時間を過ごせる女性が非常に多いです。
ネット上に散見される福原ソープの体験談を見ても、相手をしてくれた女性は大抵が明るい話好きな方が多い印象を受けます。
ソープ嬢という仕事柄会話が上手であることも重要なのでしょうが、楽しい時間を過ごす相手として申し分無いというのが福原ソープで働くソープ嬢ということでしょう。

このようなことから、福原ソープは会話が苦手という男性にこそ適したソープ街となっています。
特に初めてソープランドへ行く、風俗を利用するといった場合、ソープ嬢というなかなか普通の生活では縁が無い業種の方との会話に困る方も多いはず。
そんな方でもお話好きの女性が多い福原なら比較的楽に会話が出来るでしょうから、会話も楽しむソープ遊びをするならぜひ福原へ行ってみましょう。