ソープ嬢を値踏みする客はその逆もまた然りである

ソープランドを利用する男性は、ソープ嬢と実際に対面したときにソープ嬢を値踏みすることが多いです。
初対面ですと顔や体型などがイメージ通りかということを見て、プレイルームに入れば会話の仕方やプレイの進め方で評価を下すことでしょう。
結果、当たり嬢だったとか外れ嬢だったとか言うわけですが、これは必ずしも男性→ソープ嬢という方向だけではないのです。
今回は、ソープ嬢による男性客の値踏みについて取り上げてみます。

ソープ嬢が客を値踏みする理由とは?

ソープ嬢がどうして来てくれた男性客を値踏みするのか、疑問に思う方もいるかもしれません。
これについては色々と理由はありますが、「太客の可能性を見極めるため」というのが大きな理由です。

太客の可能性、これはわかりやすくリピーターになってくれるかどうかを見ています。
1回遊んでサヨウナラになるのか、何度も来てくれそうなのか、ぜひリピーターとして長く来てほしい男性なのか、これらを色々と見ているわけです。
男性からすれば「ソープ嬢は客の質に拘わらずどんどん来てお金落として欲しいんじゃないの?」なんて思ったりしますが、それも間違ってはいませんがお金を貰ってもサービスしたくない男性というのもいるのが事実。
嬢のおメガネに敵わないと、まともなサービスをされないことも珍しくありません。
良いお客さんの条件というものをソープ嬢ごとに基準があって、それに見合う客になって初めて普通にソープ遊びが楽しめるのです。

ソープ嬢の値踏みはどういった所を見ている?

では、ソープ嬢が値踏みをする際にどういった所を見ているのでしょうか。
まず確実に言えるのが「服装・身だしなみ」です。
特に見ているのは、靴や鞄、腕時計といった小物類で、靴なんかは特にチェックが厳しいことが多いです。
汚いスニーカーとか手入れされていない革靴などは論外で、多少服装が綺麗でも靴が汚いだけでかなり評価は下がってしまいます。
他にも、鞄とか腕時計とか小物類もチェックされていますので、値踏みされても困らない程度の質の物を用意すると良いでしょう。
基準としては「彼女とのデートに相応しい服装」で、そのラインを守っていれば嬢からの最初の審査はクリアしたと言えるでしょう。

次に見られているのはプレイ中の態度です。
安く見られるのはショートコースで色々なプレイを要求するいわゆるガッツキと呼ばれるもので、最も嫌われるものです。
そうした客は要望に応えてもリピートしてこないことが多いらしく、そういう態度の客には塩対応にする嬢は少なくないです。
逆に嫌われないようにと心掛けているのが見えると、多少奥手だったり会話が下手だったとしても高評価を貰えるようです。
そういった男性の方が、ソープ嬢としても長く付き合っていきたい男性ということなのでしょう。

男性からすれば「客を値踏みするなど何様だ!」と憤慨する人もいるでしょうが、ソープ嬢も人間ですし風俗という世界ですからしょうがないことです。
遊びに行くときは常に自分も値踏みされているということを念頭において、服装や態度に気をつけていくと、好感を抱いてくれる嬢に出会いやすくなるのではないでしょうか。

ソープでのプレイ中に男性が喘ぎ声を出すことの是非

人間、色々なシーンでつい声が出てしまうことがあります。
例えば1日仕事で疲れて帰宅して、お風呂に入って湯船に浸かったときについ「あ~」なんて声が出てしまうとか、家具に肘や足をぶつけたりすると「痛っ!」なんて出たり。
ソープランドで遊んでいるときでも、プレイ中に声を上げてしまう男性諸氏は多いはずですが、中には我慢して声を出さないという方もいます。
色々と賛否両論あるこの男性の喘ぎ声について、取り上げてみたいと思います。

◆ 男性側の考えでは声を出さない方が多数派

ソープでのプレイ中に出る男性の喘ぎ声について、男性側の意見を見てみると比較的声を出さない派が多いように見えます。
ネット上でもこの議論はあるのですが、そういった所でも「声を出すのは恥ずかしい」とか「男が喘ぎ声出すのはキモい」とか、否定的な意見がかなり目に付きます。
もちろん「大いに声を出す」という人もそれなりにいるのですが、割合的にはそれほど多くは見えません。

ソープランドという場所ですから、むしろ欲望開放で全力で喘いでいる人が大いのかと思いきや、意外にも喘ぎ声を出すのは少数派でした。
しかしながら、喘ぎ声まではいかなくても場を盛り上げるために「気持ちいい」とか口に出す方は結構大いようです。

◆ 男性の喘ぎ声についてソープ嬢はどう考えている?

男性側からすれば、前述の通り「恥ずかしい」とか「男が喘ぎ声を出すのはキモい」とか色々とあるわけですが、肝心のソープ嬢からはどう思われているのでしょうか。
男性が考えるように否定的な考えが多いのかと思いきや、ソープ嬢からすると「感じて声を出してくれる方が嬉しいし、ちゃんと気持ち良くさせられていることが実感出来る」ということで、かなり肯定的にとらえられていることが多いようです。
さすがに過剰に喘ぐのはキモいと思われることもあるようですが、普通に乳首を責められて声が出るとか、咥えられてるときに声が出てしまうのは、むしろ大歓迎とのこと。

逆に声を出さないと本当に気持ち良く出来ているのか、仕事に失敗していないかと不安になってしまったり、シラけてテンションが下がってしまったりするようですし、全くの無反応だと怒りすら覚える嬢も。
また、喘ぎ声を出すにしてもあまりにもわざとらしいと、それはそれで腹が立つようで、寒いとか引くといった声がありますので、声を出すのが恥ずかしい人でも無理に声を出すのはやめた方がいいかもしれません。

男性の喘ぎ声ですが、男性側からすれば恥ずかしいかもしれませんが、場を盛り上げたり嬢のモチベーションのためにも、積極的に声を出していくのが正解のようです。
今までは声を我慢していたという人も、次回の遊びからは恥ずかしがらずに声を出していってみると、嬢のテンションややる気も上がってより良い遊びになるかもしれません。