福原の早朝ソープにはどんなお店があるのか?

日本でも特に規模の大きいソープ街の一つである、神戸福原ソープ街。
ここには60店舗近くの店が軒を連ね、日々様々な男性客を相手に営業を続けています。
ソープランドというと、夜の遊び場というような感じで午後の深い時間がピークとされていますが、ソープランドでは法律で「開店は日の出の時間から、閉店は24時まで」となっていますから、日付が変わるころにには営業終了をしなくてはなりません。
そのため、福原のどの店でも24時以降に営業をしている店は無いのですが、逆に開店時間については店ごとにバラバラです。
福原のソープ街では、日の出からやっている所とある程度朝も時間が経ってから開店するところがあります。
夜の仕事なんかをしている人にとっては、早朝ソープというのはわりと有り難い存在になるのではないでしょうか。
その理由として、早朝ソープというのは客が少ないせいか割引なども多く、お得な価格で遊びやすいのです。
福原で早朝日の出から営業を行っているお店は結構多く、その数およそ12店舗もあります。
どの店も早朝価格なだけあって非常に安く、2万円以下のお店が殆どです。

shopimage

1万円前後で遊べるお店というと『ビギナーズ』『ホールインワン』『E-girls』『ハートダンス』『エピソード』『Wink』といったお店があります。
どのお店も、日の出からの数時間は40分~50分1万円~1万5000円程度で楽しめる価格設定となっています。
『B-2nd』では、花びら2回転コースなども割引の対象となっていて、60分2万2000円ほどで楽しむことが出来るようになっていますし、『M-Dolls PREMIUM』では通常60分2万5000円が5000円オフとなり、これら以外にも1万5000円以上のお店になると、今度は時間が70分前後になっていて価格の割に長時間遊ぶことが出来るようになります。
これらの割引サービスは基本的にお店がやっているものになりますが、お店以外でも風俗情報サイトなどのイベントクーポンにも同様のものやさらにもう少しだけ安くなるような割引があるようですので、そういった物を利用すればもっとお得に遊ぶことが出来るでしょう。
早朝から福原を満喫したいというのであれば、こういったお店を選ぶと良いでしょう。
その他のお店が営業を開始するのは、8時~9時頃となっていてそういったお店も午前中のみの割引とかを行っていることがあります。
朝の冷たくも爽やかな空気を吸い込みながら、福原の街でちょっと遊んでいくというのも楽しいものです。

値段が安くてサービスが良い福原の激安ソープ

日本経済はいつでもデフレだインフレだと騒がれておりますが、一般庶民からすれば物価が安くなって少ない給料でも生活出来るようになるのは大歓迎で、ソープ遊びをする人にとっても安く済むならば大歓迎というものです。そんな風潮があるせいか、現在のソープランドは格安~大衆店が繁盛する傾向にあり、どこのソープ街もその価格帯が中心で構成されています。関西最大のソープ街である福原ソープ街でも、格安店や大衆店が大半を占めていて、1万円台で遊べるお店がたくさんあります。

■ 福原のソープランドで最安値は?
福原のソープランドの最安値は、『プルメリア』の40分総額10,000円です。同店には60分総額15,000円、80分総額20,000円というコースもあります。インターネット上で営業するのが当然となった昨今の風俗業界を鼻で笑うかのごとく、開店から数年経つにも関わらずウェブサイトなどが無いお店で、どんなお店かを知るには実際に遊ぶかネットの体験談などしか方法が無いという一風変わったお店です。
特徴としては、熟女系ソープでパネル指名などは無し、60分以上は2回戦可、建物は全3室の自称日本一小さいソープというものです。交渉で時間がちょっと延びたり、安くなったりということもあるようで、おおらかな昭和の時代を思わせるソープランドです。なお、分単位辺りで換算すると60分総額12,000円コースしかない『有明』の方が安くなりますが、最低コース時間での計算になると『プルメリア』に軍配が上がることになります。

■ 激安ソープは熟女系ソープが多い
上記で紹介した『プルメリア』にしろ『有明』にしろ、どちらも熟女ソープとなっています。体験談などを見てみると、人妻系よりもさらに上、40代以降の女性に相手をしてもらったという話が多いので、どちらも基本は40代以降と考えておくべきでしょう。熟女系ソープは基本的に価格が安めの傾向にありますが、その中でもさらに安いのが、これらのお店です。それでいて接客は悪いものではなく、どれもかなり好評となっていますから、下手なお店より良いのかもしれません。

■ 建物がショボイのはご愛敬
こうした激安ソープは、建物に関しては狭かったり古かったりするのですがこれはしょうがないのかもしれません。『プルメリア』などは日本一小さいソープランドという特徴の通り、マットが浴室に入るか入らないかというギリギリのサイズです。決して煌びやかとは言えない内装で、ソープランドらしからぬ雰囲気なのですが、だからこそ逆に落ち着くということもあるでしょう。

福原の激安ソープランドは、わりと評判の良い店が多いように感じます。コスパの良い遊びを求めるなら悪くないどころかむしろオススメ出来るのではないでしょうか。

以前のソープ店で体験できた高度な技術

ここ最近私は、あまりソープに行っていません。
確かそのタイプのお店に行ったのは、今から数年ほど前ですね。私はそのお店で、とても良い体験ができたと思います。
そのお店で接してくれた女の子ですが、なかなかテクニックが優れていたと思います。ある程度手コキで上り詰めた状態にさせてから、挿入になる訳ですね。最初から挿入をせずに、あえて最初は手コキにしているのがポイントです。
と言うのも最初から挿入してしまいますと、絶頂に達するまでの時間は意外と長くなる事が多いのです。しかしそのソープ店で接してくれた女の子は手コキの技術がかなり優れていて、あっという間に絶頂寸前になってしまいました。それで「そろそろいきそう」という状態になったところで挿入し、絶頂に導いてくれたのですね。
あれはなかなか高度なテクニックだったと思います。他の風俗店では、なかなか体験できないようなテクニックの1つですね。現在の私の良い思い出の1つです。たまにそれをオナニーのおかずにしている事もあります。
そして前述のように私は最近そのタイプのお店に余り行っていないので、ちょっと最近行こうかなと考えています。それも以前に行ったそのお店を、もう一度利用してみようかなと考えていますね。