福原の早朝ソープにはどんなお店があるのか?

日本でも特に規模の大きいソープ街の一つである、神戸福原ソープ街。
ここには60店舗近くの店が軒を連ね、日々様々な男性客を相手に営業を続けています。
ソープランドというと、夜の遊び場というような感じで午後の深い時間がピークとされていますが、ソープランドでは法律で「開店は日の出の時間から、閉店は24時まで」となっていますから、日付が変わるころにには営業終了をしなくてはなりません。
そのため、福原のどの店でも24時以降に営業をしている店は無いのですが、逆に開店時間については店ごとにバラバラです。
福原のソープ街では、日の出からやっている所とある程度朝も時間が経ってから開店するところがあります。
夜の仕事なんかをしている人にとっては、早朝ソープというのはわりと有り難い存在になるのではないでしょうか。
その理由として、早朝ソープというのは客が少ないせいか割引なども多く、お得な価格で遊びやすいのです。
福原で早朝日の出から営業を行っているお店は結構多く、その数およそ12店舗もあります。
どの店も早朝価格なだけあって非常に安く、2万円以下のお店が殆どです。

shopimage

1万円前後で遊べるお店というと『ビギナーズ』『ホールインワン』『E-girls』『ハートダンス』『エピソード』『Wink』といったお店があります。
どのお店も、日の出からの数時間は40分~50分1万円~1万5000円程度で楽しめる価格設定となっています。
『B-2nd』では、花びら2回転コースなども割引の対象となっていて、60分2万2000円ほどで楽しむことが出来るようになっていますし、『M-Dolls PREMIUM』では通常60分2万5000円が5000円オフとなり、これら以外にも1万5000円以上のお店になると、今度は時間が70分前後になっていて価格の割に長時間遊ぶことが出来るようになります。
これらの割引サービスは基本的にお店がやっているものになりますが、お店以外でも風俗情報サイトなどのイベントクーポンにも同様のものやさらにもう少しだけ安くなるような割引があるようですので、そういった物を利用すればもっとお得に遊ぶことが出来るでしょう。
早朝から福原を満喫したいというのであれば、こういったお店を選ぶと良いでしょう。
その他のお店が営業を開始するのは、8時~9時頃となっていてそういったお店も午前中のみの割引とかを行っていることがあります。
朝の冷たくも爽やかな空気を吸い込みながら、福原の街でちょっと遊んでいくというのも楽しいものです。

インターネットのソープ情報の信憑性を考察する

インターネットの普及により、これまでベールの向こうに見えたソープランドの情報も詳しく知ることができるようになりました。
しかし、インターネットの情報そのものが非常に雑多であり、プロから素人までそれなりのサイトを作って自由に配信できることから、利用する側のネットリテラシー能力も必要になります。
ここでは、インターネットで配信されているソープランドの情報の信憑性を、各ジャンルごとに解説していきたいと思います。

●ソープ店のホームページ

ソープランドのホームページとは、各ソープ店が独自で配信しているWEBページです。
なので、料金システムコンパニオン情報などは嘘偽りなく配信されているので、情報収集の基本としましょう。
ただし、「極上のサービス」「至福のひとときを」といった宣伝文はあくまでイメージですので、感化されないようにしなくてはなりません。

●ポータルサイト

昔からある風俗情報誌が配信しているのがポータルサイトです。
これも各ソープ店のホームページと同様に、料金システムや在籍嬢、割引などの情報は100%の信憑性があります。
行きたいソープ街で、どの店に行くか比較したいときなどはかなり便利に使えます。

ただし、ポータルサイトはソープ店と提携をして掲載しているので、辛口の評価を書くことはありませんので、その点は理解しておく必要があります。

●風俗体験談投稿サイト

インターネット上にはソープ店や風俗情報誌が配信しているもの以外に、風俗で遊んだ男性たちが口コミを投稿する大型サイトもあります。
グルメ口コミサイトや、通販のレビューといった感じで、消費者の生の声を知ることができるのです。

ソープランドの経営サイドの宣伝ではないので、非常に評価は辛口であり一定の信憑性はあるでしょう。
ただし、あくまでも「個人の感想」であるため、一つの投稿に対して全幅の信頼を寄せるのは危険です。
他の口コミも含めた「多数決」で評価するようにしましょう。

●SNS

ツイッターや2ちゃんねる、爆サイなどのSNSも情報収集に使えます。
本来ならば口コミサイトと同様に、ある程度の信憑性はあったのですが、最近のSNSは荒れ気味で、落書きレベルの口コミも多いので筆者は個人的には推奨しません。
店でマナーの悪かった客が、SNSで腹いせに誹謗中傷をするケースも少なくないのです。
また、ソープ店自身がSNSを広告媒体としていることもありますが、これはホームページと内容は全く同じだったり、ホームページへリンクさせるためのものなので、参考にはならないでしょう。

●まとめ

ソープランドは昔に比べると非常にオープンになり、お客が知りたい情報をインターネットで十分に知ることができる時代になりました。
ただし、ソープランドのサービスは以前とは違い、多種多様に細分化する傾向にあるので、自分の好みと合わないといった失敗ケースもあるのです。
現代のソープ遊びは、まずインターネットを使って「料金」「コンパニオン情報」「口コミ・評判」は最低でも押さえてから登楼することが常識となりつつあります。

男性用ソープランドがあって女性用ソープランドが存在しない理由

世界的に見ても売春を始めとする「風俗業」というのは、”男性用”しかありません。
最近では男女の恋愛経験率が低下し、性に飢えた女性が多いと聞きますが、それでも「女性用風俗」「女性用ソープランド」というのはほとんど見ることができません。
”男女の性の違い”といえば単純ですが、その理由は一つではないようです・・・。
男性用ソープランドがあって、女性用ソープランドが存在しない理由を考察してみました。

●10年前に存在した女性用ソープランド

実は10年ほど前に九州の中洲に女性用ソープランドが存在したそうです。
しかし、運営がうまくいかずたった1年ほどで閉店したのです。
理由としては・・・

・一部の人気キャストに客が集中する
・男性スタッフの体力が持たない
・客そのものが少ない

といったものです。

男性は1日に何度も射精することは難しく、まずは体力的に不可能だったというのが理由として大きなものです。
また、女性は1人のお気に入りを見つけるとあまり浮気をしないようで、人気の高い男性キャスト以外に客が流れなかったのだそうです。
それよりもなによりも、まず女性客がそれほど多くなく、経営が持たなかったのです。
性に開放的になった現代ならば、もう少し女性客も確保することができるかもしれませんね。

●女性の性機能の性質が男性とは異なる

男性の性機能は、一定の期間で射精しなければ心身に異常を来します。
性犯罪の多くが、男性が加害者であることからも、その性質の強さを知ることはできるでしょう。

一方女性はずっと性行為をしていなくても、理性が効かなくなるほどの欲望の爆発はなく「しなければしないで我慢できる」といったレベルです。
現在の一般的なソープランドでも”楽しむ”というよりは”我慢できないからスッキリしたい”といった利用者が多いのですが、女性用ソープランドにはそのような使い方をする人が少ないことから、お客の絶対数も限られてしまうのです。

●元々の性のシステムが違う

昔から男性はよく浮気をし、女性は1人の男性だけで満足することはよく知られています。
これは男女の性システムの違いからくる性質で、男性は「拡散型」で女性は「守備型」だからです。

男性は1度に複数の女性を妊娠させることができますが、女性は1回に1人しか妊娠することができないほか、その1人を死守するために体の機能ができあがっています。
これが潜在的なお客の数になるのです。

女性用のソープランドを繁盛させようとするなら、男女の人口比率で男性が1に対して女性が5以上の割合でないとうまくいきません。
こういった元々の男女の性システムも、女性用ソープランドが現れない理由の大きな理由なのです。

●男性に対する恐怖心・警戒心

男女平等が叫ばれている今日でもやはり男性のほうが女性よりも腕力が強く、どこか暴力的です。
性犯罪の多くは男性が加害者ですし、それは昔も今も変わりないことです。

なので、女性は無意識にでも男性に対して恐怖心や警戒心を持っているもので、まして裸でサービスを受けるソープランドなら、さらに強く感じることでしょう。
男性全般に対する恐怖心や警戒心もまた、女性用ソープランドがうまく経営できない理由だと考えられます。

●まとめ

文明がどれほど発展しても、男女の性に関する価値観はあまり変化がないようです。
男性用ソープランドがあって、女性用ソープランドが存在できないのは、そういった人間の根源的な性質や価値観がいつまでも変わらないということが背景にあるからなのです。