福原の早朝ソープにはどんなお店があるのか?

日本でも特に規模の大きいソープ街の一つである、神戸福原ソープ街。
ここには60店舗近くの店が軒を連ね、日々様々な男性客を相手に営業を続けています。
ソープランドというと、夜の遊び場というような感じで午後の深い時間がピークとされていますが、ソープランドでは法律で「開店は日の出の時間から、閉店は24時まで」となっていますから、日付が変わるころにには営業終了をしなくてはなりません。
そのため、福原のどの店でも24時以降に営業をしている店は無いのですが、逆に開店時間については店ごとにバラバラです。
福原のソープ街では、日の出からやっている所とある程度朝も時間が経ってから開店するところがあります。
夜の仕事なんかをしている人にとっては、早朝ソープというのはわりと有り難い存在になるのではないでしょうか。
その理由として、早朝ソープというのは客が少ないせいか割引なども多く、お得な価格で遊びやすいのです。
福原で早朝日の出から営業を行っているお店は結構多く、その数およそ12店舗もあります。
どの店も早朝価格なだけあって非常に安く、2万円以下のお店が殆どです。

shopimage

1万円前後で遊べるお店というと『ビギナーズ』『ホールインワン』『E-girls』『ハートダンス』『エピソード』『Wink』といったお店があります。
どのお店も、日の出からの数時間は40分~50分1万円~1万5000円程度で楽しめる価格設定となっています。
『B-2nd』では、花びら2回転コースなども割引の対象となっていて、60分2万2000円ほどで楽しむことが出来るようになっていますし、『M-Dolls PREMIUM』では通常60分2万5000円が5000円オフとなり、これら以外にも1万5000円以上のお店になると、今度は時間が70分前後になっていて価格の割に長時間遊ぶことが出来るようになります。
これらの割引サービスは基本的にお店がやっているものになりますが、お店以外でも風俗情報サイトなどのイベントクーポンにも同様のものやさらにもう少しだけ安くなるような割引があるようですので、そういった物を利用すればもっとお得に遊ぶことが出来るでしょう。
早朝から福原を満喫したいというのであれば、こういったお店を選ぶと良いでしょう。
その他のお店が営業を開始するのは、8時~9時頃となっていてそういったお店も午前中のみの割引とかを行っていることがあります。
朝の冷たくも爽やかな空気を吸い込みながら、福原の街でちょっと遊んでいくというのも楽しいものです。

ソープに接客が酷い男性店員がいるのは何故なのか?

ソープランドで注目されるのは、やはり花形となるソープ嬢の方々。
しかし、ソープランドというお店はサービスを提供する女性だけで機能しているわけではなく、それを支える男性店員も数多くいます。
利用客からすれば、実は男性店員というのも店選びの大きい要素で、男性店員次第で遊ぶ店を変えるということは当たり前にある話です。

◆ 男性店員の質はお店のランクに比例する
ある程度ソープ遊びをこなしている方であれば、やたら接客態度が悪い男性店員に遭遇したことは必ずあるでしょう。
ソープランドでは裏方である男性店員ですが、その質というのはほぼ例外なくお店のランクに比例します。
高級店になればなるほど丁寧な接客をしてくれますが、格安店や激安店などであれば敬語すら危ういこともあります。

格安店などでは、「本当に接客してるつもりなのか?」と思うぐらい酷い接客をする店員もいて、人気の無い店は基本的に接客が酷いです。
価格に比例するというと実に即物的と思うかもしれませんが、それもソープランドらしいと言えばらしいものでしょう。
男性店員に不愉快な思いをしたくないのであれば、なるべく高級店へ行くようにするしかありません。

◆ 質が悪い店員がいるのは当たり前
ソープランドにこうした最低限の接客すら出来ないレベルの店員がいるのは当たり前で、これはもはやソープランドが無くなる日まで直ることはあり得ないでしょう。
その理由としては、「男性店員の採用条件が非常に緩いから」です。

ソープランドの男性店員求人の条件というのは、ほぼありません。
一部の幹部候補にでもならなければ学歴や職歴などは気にされないことも多いですし、誰でも働くことが出来ます。
それでいてお給料は他の仕事に比べて格段に良いわけですから、普通の仕事が出来ないような方も面接に来ます。

そういった色々な方が働いているわけですから、その中には接客のいろはどころかその概念すら無さそうな人もいます。
男性店員の応募は女性よりも少なく、選り好みをしていられないというのが真実のようですが、そういった事情がある以上は男性店員の質については諦めるしかないということです。

◆ 格安でも全ての男性店員がダメなわけではない
しかしながら、格安店でも全ての店員がダメなわけではなく、中には真面目に仕事をしている男性店員もいます。
お店側の指導がしっかり行き届いていて、不愉快にならない接客をしているお店も増えてきているのです。

そういったお店を見分けるには、電話をしてみるのが一番です。
電話対応がまともに出来る店であれば、大抵の場合接客も良い傾向にあります。
予約などで電話をすることはあるかと思いますが、その前に料金的な質問だったり、適当な女性の出勤情報を確認してみたり、色々とネタはあります。
その時に対応が雑だったり、敬語や丁寧語すら話せないレベルの店員であれば別のお店にすれば良いのです。
これならわざわざお店に行かなくても済みますし、高い確率で地雷店を避けることが出来ます。

いくら良嬢に恵まれたとしても、男性店員の態度一つでそれはぶち壊しになってしまうこともあるのがソープランドというもの。
最低限、不愉快な接客をしない程度のお店がどんどん増えて欲しいものです。

ソープ求人で外国人の接客を避けるために

昨今のソープランド業界は、控えめに言っても下火になりつつあるというのは紛れもない事実です。規制による影響、他業種の台頭など色々な要素がありますが、利用者の減少というのも大きな要因の一つです。
日本の風俗は、昔から日本人のみを対象にしていて、海外の方は利用を断るというのが普通でした。
しかし、最近では従来の日本人男性のみを対象にした経営方針から、海外からの観光客もターゲットに入れるという方針へ転換して売上を確保している店もあります。

さて、そういったお店が登場する中で、ソープランドの求人を利用する女性側もそれに対応しなくてはいけなくなっています。
外国人男性の接客をするのが苦にならない方であれば気にする必要はありませんが、言葉の違い・常識の違い・衛生面での違いなどなど、抵抗を感じる方も少なくないのではないでしょうか。
お店によっては外国人でも利用出来ることを表明している所もありますが、大体の店は公にしておらず入店してから発覚してトラブルになるということもありますから、注意が必要です。

では、ソープランド求人を利用する際に、その求人が外国人の受け入れをしているかどうかを確認するにはどうすればいいのでしょうか。
基本的に、求人情報を見てもまず外国人の利用について触れている求人というのはありません。
そのため、自主的にお店のウェブサイトなどを確認したり、ネットの掲示板などを利用して情報を集める必要があるのです。
お店によってはウェブサイトに外国語版などがあったりしますし、外国人向けの日本風俗情報サイトなんていうのもありますから、そういった所を見るのも良いでしょう。
特に、後者の場合は日本人向けには情報を公開していない店などもわかりますので、ソープランドの求人を利用しようと考えるなら、是非見ておくべきです。

また、一応は外国人の利用を断ってはいるとキャストには説明してはいるものの、実際に外国人が来ても利用を断らず「受付では気付かなかった」なんて言って接客させることがあります。
こういう手口のお店も実は結構多く、被害報告も何件もあったりします。そのような真似をするお店というのはやはり信用出来ないでしょうし、他にもトラブルの種が多いですから、そんな求人は絶対避けたいものです。

こういった情報もちゃんと調べれば手に入るものになっていて、昔のように泣き寝入りをするという時代ではなくなっています。
「ソープランドの求人だからしょうがない」と諦めるのではなく、しっかりと情報を調べて、安心して働けるソープランド求人を利用するようにしましょう。