福原の早朝ソープにはどんなお店があるのか?

日本でも特に規模の大きいソープ街の一つである、神戸福原ソープ街。
ここには60店舗近くの店が軒を連ね、日々様々な男性客を相手に営業を続けています。
ソープランドというと、夜の遊び場というような感じで午後の深い時間がピークとされていますが、ソープランドでは法律で「開店は日の出の時間から、閉店は24時まで」となっていますから、日付が変わるころにには営業終了をしなくてはなりません。
そのため、福原のどの店でも24時以降に営業をしている店は無いのですが、逆に開店時間については店ごとにバラバラです。
福原のソープ街では、日の出からやっている所とある程度朝も時間が経ってから開店するところがあります。
夜の仕事なんかをしている人にとっては、早朝ソープというのはわりと有り難い存在になるのではないでしょうか。
その理由として、早朝ソープというのは客が少ないせいか割引なども多く、お得な価格で遊びやすいのです。
福原で早朝日の出から営業を行っているお店は結構多く、その数およそ12店舗もあります。
どの店も早朝価格なだけあって非常に安く、2万円以下のお店が殆どです。

shopimage

1万円前後で遊べるお店というと『ビギナーズ』『ホールインワン』『E-girls』『ハートダンス』『エピソード』『Wink』といったお店があります。
どのお店も、日の出からの数時間は40分~50分1万円~1万5000円程度で楽しめる価格設定となっています。
『B-2nd』では、花びら2回転コースなども割引の対象となっていて、60分2万2000円ほどで楽しむことが出来るようになっていますし、『M-Dolls PREMIUM』では通常60分2万5000円が5000円オフとなり、これら以外にも1万5000円以上のお店になると、今度は時間が70分前後になっていて価格の割に長時間遊ぶことが出来るようになります。
これらの割引サービスは基本的にお店がやっているものになりますが、お店以外でも風俗情報サイトなどのイベントクーポンにも同様のものやさらにもう少しだけ安くなるような割引があるようですので、そういった物を利用すればもっとお得に遊ぶことが出来るでしょう。
早朝から福原を満喫したいというのであれば、こういったお店を選ぶと良いでしょう。
その他のお店が営業を開始するのは、8時~9時頃となっていてそういったお店も午前中のみの割引とかを行っていることがあります。
朝の冷たくも爽やかな空気を吸い込みながら、福原の街でちょっと遊んでいくというのも楽しいものです。

男性用ソープランドがあって女性用ソープランドが存在しない理由

世界的に見ても売春を始めとする「風俗業」というのは、”男性用”しかありません。
最近では男女の恋愛経験率が低下し、性に飢えた女性が多いと聞きますが、それでも「女性用風俗」「女性用ソープランド」というのはほとんど見ることができません。
”男女の性の違い”といえば単純ですが、その理由は一つではないようです・・・。
男性用ソープランドがあって、女性用ソープランドが存在しない理由を考察してみました。

●10年前に存在した女性用ソープランド

実は10年ほど前に九州の中洲に女性用ソープランドが存在したそうです。
しかし、運営がうまくいかずたった1年ほどで閉店したのです。
理由としては・・・

・一部の人気キャストに客が集中する
・男性スタッフの体力が持たない
・客そのものが少ない

といったものです。

男性は1日に何度も射精することは難しく、まずは体力的に不可能だったというのが理由として大きなものです。
また、女性は1人のお気に入りを見つけるとあまり浮気をしないようで、人気の高い男性キャスト以外に客が流れなかったのだそうです。
それよりもなによりも、まず女性客がそれほど多くなく、経営が持たなかったのです。
性に開放的になった現代ならば、もう少し女性客も確保することができるかもしれませんね。

●女性の性機能の性質が男性とは異なる

男性の性機能は、一定の期間で射精しなければ心身に異常を来します。
性犯罪の多くが、男性が加害者であることからも、その性質の強さを知ることはできるでしょう。

一方女性はずっと性行為をしていなくても、理性が効かなくなるほどの欲望の爆発はなく「しなければしないで我慢できる」といったレベルです。
現在の一般的なソープランドでも”楽しむ”というよりは”我慢できないからスッキリしたい”といった利用者が多いのですが、女性用ソープランドにはそのような使い方をする人が少ないことから、お客の絶対数も限られてしまうのです。

●元々の性のシステムが違う

昔から男性はよく浮気をし、女性は1人の男性だけで満足することはよく知られています。
これは男女の性システムの違いからくる性質で、男性は「拡散型」で女性は「守備型」だからです。

男性は1度に複数の女性を妊娠させることができますが、女性は1回に1人しか妊娠することができないほか、その1人を死守するために体の機能ができあがっています。
これが潜在的なお客の数になるのです。

女性用のソープランドを繁盛させようとするなら、男女の人口比率で男性が1に対して女性が5以上の割合でないとうまくいきません。
こういった元々の男女の性システムも、女性用ソープランドが現れない理由の大きな理由なのです。

●男性に対する恐怖心・警戒心

男女平等が叫ばれている今日でもやはり男性のほうが女性よりも腕力が強く、どこか暴力的です。
性犯罪の多くは男性が加害者ですし、それは昔も今も変わりないことです。

なので、女性は無意識にでも男性に対して恐怖心や警戒心を持っているもので、まして裸でサービスを受けるソープランドなら、さらに強く感じることでしょう。
男性全般に対する恐怖心や警戒心もまた、女性用ソープランドがうまく経営できない理由だと考えられます。

●まとめ

文明がどれほど発展しても、男女の性に関する価値観はあまり変化がないようです。
男性用ソープランドがあって、女性用ソープランドが存在できないのは、そういった人間の根源的な性質や価値観がいつまでも変わらないということが背景にあるからなのです。

良客と認められた証!姫予約をゲットするには

ソープランドで行われている一般的な予約方法といえば、ホームページにも記載されている電話予約です。
初めての利用であれば前日ないしは当日の予約ですが、1度でも利用して会員になれば、3日~7日程度前から予約が可能になるというもの。
ほとんどの利用客はこちらの予約を使っていると思いますが、実は常連と認められた客だけに許された予約方法というのがあるのはご存じでしょうか。

◆ 常連だけに許される姫予約

常連だけが許される予約方法、それは姫予約と呼ばれるものです。
通常の予約は、お店に電話を掛けてお店側に予約を入れるのですが、この姫予約というのは、ソープ嬢に直接予約を入れてしまうことです。
ソープ嬢から「この時間はお客さん入るから、予約を受けないで下さい」とお店側に伝えられる形で予約が入り、これは最優先の予約となるのです。

気を付けたいのは、この常連というのは、お店の常連ではなくソープ嬢個人にとっての常連ということです。
何度お店に通っているからといっても、毎回違うソープ嬢を指名していたりしたら、いつまで通っても姫予約はできません。

◆ まずはソープ嬢に気に入られることから始めよう

姫予約を出来るようにするには、まずソープ嬢本人に気に入られる所から始めましょう。
姫予約は気に入った客への特別待遇なので、何度通っていたとしても嬢本人から気に入られてなければやってくれません。

何度も入っていたとしても、横柄な客や粗暴な客には嬢も心を開いてくれません。
姫予約が多い嬢は、お店での待遇も良くなりますし様々なメリットがありますが、それでも気に入らない客にまで特別待遇で来て欲しいという方は少ないのです。

◆ 何回ぐらい遊べば姫予約ができる?

姫予約が出来るようになるまでですが、これはソープ嬢によって違います。
相性が良く話も弾むような方であれば、3~4回でも大丈夫ですし、それこそ10回くらい掛かってようやくという方もいます。
とはいえ、平均すれば5回~6回が目安といったところでしょう。

また、入るコースというのも重要で、ショートコースを何度も入ったとしてもあまり意味はありません。
最低でもお店のレギュラーコースかロングコースで、遊ぶことが前提の話です。

姫予約ができれば、どんなに人気嬢で普通に予約を入れるのが困難であっても、必ず予約が取れて遊べます。
姫予約を受けてくれるようになったら、それは即ち良客として認められたという証拠でもありますから、ぜひ姫予約を目指してソープ遊びを楽しんでみましょう。