「それ地雷じゃないかも」ソープ嬢に違和感を感じたときの考え方と対処法

ソープランド遊びで問題となる「地雷嬢」は、できる限り遭遇したくないはずです。
しかし、神経質になりすぎて、本来地雷でもないソープ嬢を地雷だと勘違いしている男性も多いはずです。
中にはせっかくレベルの高いソープ嬢にあたりながら、勘違いをして次に繋げない男性客もいるようですから、これはかなり痛い失敗だといえます。
地雷勘違いを防ぐために、ソープ嬢に違和感を感じたときの考え方と対処法を覚えておきましょう。

◆ 人気嬢が地雷?
最近ではソープ店の各ホームページで「人気嬢ランキング」などが掲載されているので、人気のある売れっ子ソープ嬢に期待をはせて予約する男性客も多いはずです。
しかし、やっと予約が取れてプレイしてみれば、「思ったほど良くなかった・・・」と感じることがあります。
そして「人気嬢なのに地雷だった」と錯覚してしまうのです。

なぜこういうことが起きるかというと、それは「人気嬢ほど客を見ている」という性質があるためです。
人気嬢のポテンシャルは非常に高いですが、すべての客に本気を出していれば体が持ちません。

ソープ嬢の仕事は男性が思う以上にハードなので、これも仕方のないことなのです。
そして、ソープ嬢が客の何を見ているか?というと「次に指名をしてくるかどうか」です。

なので、これという好みの人気嬢とプレイできたら、あまり時間を開けずに次回は本指名をしてみましょう。
初回の違和感は嘘のようになくなり、ウェルカム状態で迎い入れてくれ、そして濃厚なサービスが受けられるはずです。

◆ 徐々に機嫌が悪くなってしまったら
本当にたちの悪い地雷嬢は、挨拶の時点から感じの悪い態度をします。
しかし、最初は愛想が良かったのに、徐々に態度が悪くなっていったような場合には、意外に「男性側」に問題があることも多いのです。
ソープ嬢のプライベートをズケズケと質問したり、あるいは反対に何か質問されても答えなかったり、案内通りに動いてくれなければ、ソープ嬢がやる気をなくしてしまうのも無理のないことかもしれません。

「お客様は神様」はすでに死語ですから、今だにその感覚を持って接客を受けると、反対にこちらの人格を疑われてしまう事態に陥ります。

ビジネスとはいえ、男女2人で時間を共有するのですから、2人で盛り上げるという感覚が必要なのです。
少しソープランドへの考え方を変えると、地雷ではないソープ嬢を地雷にしてしまう失敗を減らすことができるでしょう。

◆ 経験の浅いソープ嬢は地雷になりやすい?
ソープ嬢は男性客が思う以上に”忙しい”仕事をしています。
サービス全体に時間割があり、テンプレート的に覚え込んだものを客の前で実践しているといった状態なのです。

ですから、経験の浅いソープ嬢はいっぱいいっぱいの状態と言ってもよい状態であり、抜け落ちなくプレイすることに必死になりすぎ、会話がおぼつかないことが多いのです。
このたどたどいしい接客を「地雷」だと判断してしまう男性客もいるようです。
これをソープ嬢に対して「もっと頑張れ」というのは酷なことです。

こちらが少し理解してあげ、リラックスして接客できるような雰囲気を作ってあげると見違えるようになるでしょう。

そして、経験の浅いソープ嬢は、初心者の間に優しくしてくれたお客を大切にする習性があります。
ベテランになる前に優しくしておけば、後々男性側にもメリットが生まれることもあるのです。

◆ おわりに
最近ではインターネットの書き込みに、ソープランドの体験談などがたくさん配信されています。
それらを読んでみると、神経質な評論家のような口調でソープランドとソープ店を批評しているのを見かけます。
しかし、批評の目を向けることで良い部分を見つけられずにあら捜しに終始するのは、本末転倒です。
批評しすぎて心の許容範囲が狭くなることで、地雷ではないソープ嬢までを地雷と判断して得することは何もないのです。

ソープに接客が酷い男性店員がいるのは何故なのか?

ソープランドで注目されるのは、やはり花形となるソープ嬢の方々。
しかし、ソープランドというお店はサービスを提供する女性だけで機能しているわけではなく、それを支える男性店員も数多くいます。
利用客からすれば、実は男性店員というのも店選びの大きい要素で、男性店員次第で遊ぶ店を変えるということは当たり前にある話です。

◆ 男性店員の質はお店のランクに比例する
ある程度ソープ遊びをこなしている方であれば、やたら接客態度が悪い男性店員に遭遇したことは必ずあるでしょう。
ソープランドでは裏方である男性店員ですが、その質というのはほぼ例外なくお店のランクに比例します。
高級店になればなるほど丁寧な接客をしてくれますが、格安店や激安店などであれば敬語すら危ういこともあります。

格安店などでは、「本当に接客してるつもりなのか?」と思うぐらい酷い接客をする店員もいて、人気の無い店は基本的に接客が酷いです。
価格に比例するというと実に即物的と思うかもしれませんが、それもソープランドらしいと言えばらしいものでしょう。
男性店員に不愉快な思いをしたくないのであれば、なるべく高級店へ行くようにするしかありません。

◆ 質が悪い店員がいるのは当たり前
ソープランドにこうした最低限の接客すら出来ないレベルの店員がいるのは当たり前で、これはもはやソープランドが無くなる日まで直ることはあり得ないでしょう。
その理由としては、「男性店員の採用条件が非常に緩いから」です。

ソープランドの男性店員求人の条件というのは、ほぼありません。
一部の幹部候補にでもならなければ学歴や職歴などは気にされないことも多いですし、誰でも働くことが出来ます。
それでいてお給料は他の仕事に比べて格段に良いわけですから、普通の仕事が出来ないような方も面接に来ます。

そういった色々な方が働いているわけですから、その中には接客のいろはどころかその概念すら無さそうな人もいます。
男性店員の応募は女性よりも少なく、選り好みをしていられないというのが真実のようですが、そういった事情がある以上は男性店員の質については諦めるしかないということです。

◆ 格安でも全ての男性店員がダメなわけではない
しかしながら、格安店でも全ての店員がダメなわけではなく、中には真面目に仕事をしている男性店員もいます。
お店側の指導がしっかり行き届いていて、不愉快にならない接客をしているお店も増えてきているのです。

そういったお店を見分けるには、電話をしてみるのが一番です。
電話対応がまともに出来る店であれば、大抵の場合接客も良い傾向にあります。
予約などで電話をすることはあるかと思いますが、その前に料金的な質問だったり、適当な女性の出勤情報を確認してみたり、色々とネタはあります。
その時に対応が雑だったり、敬語や丁寧語すら話せないレベルの店員であれば別のお店にすれば良いのです。
これならわざわざお店に行かなくても済みますし、高い確率で地雷店を避けることが出来ます。

いくら良嬢に恵まれたとしても、男性店員の態度一つでそれはぶち壊しになってしまうこともあるのがソープランドというもの。
最低限、不愉快な接客をしない程度のお店がどんどん増えて欲しいものです。